2010年3月14日日曜日

シャーロック・ホームズ

(SHERLOCK HOLMES)

 久々にスクリーンでホームズの勇姿を拝見しました。
 役者の配役も楽しみでしたが、今回は期待したとおりに背景美術が気合い入れまくり。ビクトリア朝末期のロンドンの薄汚い街の風景、どんよりして陰気な空模様、濁りきったテムズ川を行き交う帆船、産業革命の光と影が実にいい感じで堪能できます(笑)。
 逆に遠景まで見事に映し出されたロンドンの街並みは、どう考えてもCGなので、ちょっと〈書き割り〉ぽく感じられたのは心理的なものでしょうか?

 ロンドン名所の〈タワー・ブリッジ〉が建設途中なところも、時代を感じさせる演出です。最近、よく使われる手法ですね。建設途中のエッフェル塔とか、東京タワーとか。

 物語の設定としては『四つの署名』と『ボヘミアの醜聞』に続くエピソードという感じで、ホームズがまだアイリーン・アドラーの面影を忘れられなかったり、もうじき結婚するワトソンがベイカー街からの引越を準備している頃です。

 個人的にホームズ役者はジェレミー・ブレットで決まりだろうと考えておりましたが、今回のロバート・ダウニー・Jr は今までの型にはまらない斬新なホームズ像で興味深い。
 それを云えばワトソンのイメージも斬新で新鮮でした。
 色々とインタビュー等で言及されておりますが、原作のイラストではなく、本文のみに忠実に映像化したらこうなる、というワケですね。まぁ、確かにコナン・ドイルはホームズが「インバネス・コートに鹿撃ち帽」を着ていたとは書いていませんが。

 今回はホームズ(ロバート・ダウニー・Jr )とワトソン(ジュード・ロウ)、加えてオリジナルの悪役であるブラックウッド卿(マーク・ストロング)の三人の役者が実力派揃いで私好みでした。
 この三人ならお互いにどの役にキャスティングされても立派にやってのけるでしょう。

 個人的には、マーク・ストロングがホームズで、ロバート・ダウニー・Jrがワトソン、ブラックウッド卿にはジュード・ロウという配役にしても面白かったと思うのですが……。従来のイメージで映像化するならこっちか。

 原作をリスペクトしつつ、新たな解釈で映像化するというのは結構、難しいと思いますが、これは成功していると思います。マニアックなシャーロキアンでもかなり満足するのではなかろうか。
 各キャラクターの特徴を掴んだ小ネタが随所に盛り込まれています。
 その意味では昨年の『スタートレック』もなかなか頑張っていた部類に入りますかね。

 ガイ・リッチー監督もマトモに戻ってくれたようで一安心。もう一度『リボルバー』みたいな映画を撮りやがったら、今度こそ見限ってやろうと考えておりましたが杞憂でした。ガイ・リッチー監督作品の中では多分、一番の大作になりましたね。

 さて、原作ファンとしてはハドソン夫人やレストレード警部なんかのレギュラー・キャラクターの他に、アイリーン・アドラーが登場したりするのが楽しいところですが……。
 最大の敵であるアノ人は……。
 今回はオリジナルの敵が相手なので、登場しないのかと諦めていましたが、やはりファン・サービスは大事ですね(笑)。

 ちょっとだけですが登場します。
 もう、シャーロック・ホームズの物語で〈教授〉と呼ばれたら、アノ人しかいないだろう。
 これがネットの「実況」だったなら、その瞬間に「教授キターッ」とか大量に書き込まれたりするのだろうなあ(笑)。

 うーむ。早くも続編が待ち遠しい──と云うか、作らなければ世間が許さぬ。

 ついでに次回はマイクロフト・ホームズにも登場して戴きたい(今回は名前は呼ばれるが登場はしなかった)。
 できたらクリストファー・リーとかにもカメオ出演を期待したいが無理か。可能ならピーター・カッシングにもお願いしたいところですが……。
 いや、デジタル時代だから、たとえ亡くなっていても無理矢理合成で何とか出来るかも知れん(爆)。


シャーロック・ホームズ [DVD]
シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)

▲ PAGE TOP へ

ランキングに参加中です。お気に召されたならひとつ、応援クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

ランキングに参加中です。お気に召されたなら、ひとつ応援クリックをお願いいたします(↓)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村