2010年11月9日火曜日

マチェーテ

(Machete)

 ロドリゲス、やればできる子(笑)。
 『エクスペンダブルズ』より下品に、よりエロく、よりバイオレンスで血糊三倍増。西部劇に対するマカロニみたいなものか。B級にも色々ありますねえ。
 これは月曜ロードショーで荻昌宏解説を付けて観たい作品デス(爆)。

 しかしタラ公とロド公が監督した『グラインドハウス』に付けた嘘予告編が現実になってしまうとは。しかも予告編の場面をほぼその通り再現。
 いかにもなOPは、フィルムにスクラッチ入れまくりで明らかに『グラインドハウス』シリーズの一本であることが判ります。

 主演はもちろん予告通りのダニー・トレホ。素晴らしい。アーネスト・ボーグナインの再来とは彼のことですなあ。
 ロド公が制作した『プレデターズ』にもチョイ役で出演していた──真っ先にやられる殺し屋役で──が、今回は主役である。
 それにしても、今回はロド公の趣味が本格的に炸裂したかのような配役デス。

 当然のようにチーチ・マリンがいる。日本語吹替は青野武でお願いします。
 そしてチーチ・マリンと一緒にドン・ジョンソンもいる。『刑事ナッシュ・ブリッジス』つながりか? でも野沢那智の吹替にはならないのだ(泣)。

 何故かスティーヴン・セガールまで!
 なんだよ、セガール。『エクスペンダブルズ』に出てないと思ったらこっちに出ていたのか! それにしても貫禄ついたなあ。今回はメキシコの麻薬王というラスボス役だからか? ダイエットしてもらいたいなあ。

 そしてまさかのロバート・デ・ニーロ。
 なんでこの人がこんな映画に出演するのか。いきなり映画の格が上がってしまった。人種差別主義者の上院議員を実に楽しげに演じている。
 ロド公は『プラネット・テラー』でも、ブルース・ウィリスを混ぜて出してみたり、一点豪華主義なのか。

 そして女優陣もロド公の好きそうなビッチ揃い。嬉しくなりますね。
 ミシェル・ロドリゲス、ジェシカ・アルバ、リンジー・ローハンとな。

 特にリンジーのビッチさが群を抜いている。いやもう、演技しなくても私生活からしてビッチだし。かつては清純派としてディズニー映画にも出演していたことは遠い過去ですね。
 露出度が一番高いのもリンジー。全裸OKとは、一皮むけたな。
 ミシェルは革命的女闘士であり、それなりにビッチ度も高いが、三人の中ではジェシカ・アルバのビッチ度が一番弱い。
 もっとリンジーを見習ってもらいたい。
 全裸の他にも、修道女スタイルでマシンガン撃ちまくるリンジーの勇姿を見よ。

 メキシコからの密入国者の不法就労という社会問題を背景にしつつ、でも最後はアクションで押し切って「考えることを止めちゃう」のはわざとか。
 やり方によっては、社会派映画ぽく出来なくもなかったと思うのだが、そんな小難しいこと考えてちゃダメだーッとばかりに、ラストは盛大にお祭り騒ぎ的な大銃撃戦である。
 何故に殴り込みを掛けるときに、あんなド派手な改造車が必要なのかサッパリ判らぬが。これも美学か(笑)。
 メキシコ人をなめるんじゃねえ──と云うのは実によく判った(笑)。

 しかしジェシカ・アルバは「このような政治的メッセージを含む作品への出演を誇りに思うわ」なんぞとコメントしたそうであるが、そりゃロド公に欺されてると思うぞ。
 社会的な背景としては、上院議員の悪事を暴くのに昔ながらの「良心的なマスコミ」に協力してもらう展開がちょっとアナクロだった。時代考証があったのか。
 イマドキの内部告発は YouTube でしょう(爆)。
 ネットへの動画流出こそ、リアルな内部告発デスよ。

 その点、ジャン=ピエール・ジュネの最新作『ミックマック』では、悪党の悪事をちゃんと YouTube で公開していた。今やクリックひとつでネット流出、身の破滅デスよ(笑)。
 いかん。脱線した。

 そして遂にクライマックスは、セガールとの対決である。
 ダニー・トレホが山刀(マチェーテ)で、セガールが日本刀(のようなもの)で、チャンバラしてくれます。あれ、セガール、今回はメキシコの麻薬王だったのでは? きっと日本かぶれのメキシコ人という設定なんだね(笑)。

 とりあえずそれなりに決着はついたのだが……。四人いる悪党のうち、天誅喰らったのは三人までで、ひとり逃げたよ?

 もう当然のようにEDでは「次回作の予告」を宣言してくれます。
 『マチェーテ』に続く次回作は──『殺しのマチェーテ(Machete Kills)』。そして更に『続・殺しのマチェーテ(Machete Kills Again)』だ!

 いきなり三部作構想かよ。
 うーむ。この悪ノリはどこまで続くのであろうか。
 当然、ロド公は三部作完結するまで休みなし。責任とって完成させてもらわないと。
 タラ公も『イングロリアス・バスターズ』撮って満足している場合じゃありませんよ。

 こうなったらロブ・ゾンビにも本当に『ナチ親衛隊の狼女』を撮ってもらいましょう。ちゃんとニコラス・ケイジ出して(爆)。
 スタローンもウカウカしておられませぬ。『エクスペンダブルズ』の続編を火薬量三倍増で対抗してもらいたい。

 ところで、コレもまたマイナー映画だからかパンフレットを製作していないのである。ちゃんと作れよな!


マチェーテ [DVD]
マチェーテ【初回生産限定特典:ピクチャーブック付】 [Blu-ray]
【完全初回生産限定】マチェーテ発売記念:ロドリゲス・ザ・ベストBD-BOX(3枚組) [Blu-ray]

▲ PAGE TOP へ

ランキングに参加中です。お気に召されたならひとつ、応援クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

ランキングに参加中です。お気に召されたなら、ひとつ応援クリックをお願いいたします(↓)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村