2008年6月14日土曜日

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

(INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL)

 こら〈水晶髑髏〉って云えー!
 「スカル」より「髑髏」の方が伝奇ぽいのに。

 さてシリーズ最高の出来は第一作『失われた聖柩』であると固く信じています。
 俺的評価においては、第三作『最後の聖戦』が次点。
 ずーっと下がって『魔宮の伝説』が最下位をキープしておりますが、このたびは『魔宮の伝説』よりはちょっとだけマシな作品が追加されました。

 ルーカス&スピルバーグの二人三脚が成功してこそ面白くなるシリーズに於いて、スピが突っ走った『魔宮』がコケたのと同じ理由で、今回はルーが突っ走りすぎた。
 伝奇ものに〈宇宙人〉は禁じ手だろうに(泣)。
 大体、ポスターにも堂々と描かれている〈水晶髑髏〉の、人間離れした外観からしてイヤな予感はしていたが、やはり人骨ではなかったのである。あああ。

 まぁ、元々はパルプ雑誌の冒険小説を映像化、という企画に始まったシリーズだけどね。
 この第四作も当初は『インディ・ジョーンズと空飛ぶ円盤の襲撃』とか云う、『マーズ・アタック!』も真っ青の仮題が付けられていたそうな(笑)。ある意味、パルプ雑誌というコンセプト通りではあるが……。
 それにしても考古学者が関わるようなネタではあるまい、とスピルバーグとハリソン・フォードから総スカンを食らったそうな。そりゃそうだ。

 で、リライトにリライトを重ねてここに至ったわけですが……。
 うーむ。リライトしまくってコレかい。
 よほどルーカスは〈宇宙人〉に拘りがあったのか、諦めきれなかったのか。止めておけば良かったのに。
 古代文明の遺跡に宇宙人を絡めてもロクなことがない、ということをまたしても証明してしまいました。冒頭の〈ロズウェル〉ネタだけで済ませておけば、まだ傷は浅かったのになあ。

 過去のシリーズを彷彿とさせるシチュエーションの踏襲にはニヤリとさせられます。個人的にはソビエトが誇る自然環境破壊マシーン〈伐採トラクター〉がバカバカしくて好きです。
 出来ればショーン・コネリー(ヘンリー)やデンホルム・エリオット(マーカス)にも登場してもらいたかったが……。死してなお大ボケ喰らわすマーカス教授のシーンが微笑ましい。

 しかしアマゾンの原住民に対するリスペクトが足らんというか、南米の土人をバカにしてんのか的な演出には首を傾げざるを得ません。これじゃ60年代以前の西部劇に出てきたインディアンと同じ扱いではないか。ヘンなところでパルプ雑誌的コンセプト通りなのね。

 あと気になるのは冒頭の核爆発。シリーズ再起動の打ち上げ花火としては充分に派手な演出ではありますが……。
 やっぱりアメリカ人は核爆発を舐めてるというか、あれでハリソン・フォードが生還できる時点でギャグだよなあ。まぁブルース・ウィリスなら納得してやってもいいが(笑)。


●余談
 それにしても、マクレーン刑事が復活し、ロッキーが復活し、ランボーが復活し、インディ・ジョーンズまでもが復活したとは驚くべきことです。80年代のアクション映画のリバイバル・ブームなのだろうか。単にハリウッドの企画力が低迷しているだけなのだろうが。
 次は誰でしょう。

 メルギブの『マッド・マックス4』か。『リーサル・ウェポン5』か。本人が監督と脚本を努めればかなりイタい話にはなるかも知れん(笑)。
 エディ・マーフィの『ビバリーヒルズ・コップ4』とか(あり得る)。
 州知事閣下の『T4』とか。

 個人的にはマイケル・J・フォックスがパーキンソン病を克服した上で『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART4』とかやってくれると感動的だと思うのですが。


インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 スペシャル・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

▲ PAGE TOP へ

ランキングに参加中です。お気に召されたならひとつ、応援クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

ランキングに参加中です。お気に召されたなら、ひとつ応援クリックをお願いいたします(↓)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村