2008年7月23日水曜日

ゲゲゲの鬼太郎/千年呪い唄


 前作よりも面白かった。
 蛇足的な環境問題とかも絡まなかったし、割とストレートな物語にしたのがシンプルで良かったか。
 でも逆にシンプルすぎて、単調なRPGという気もしないではないが(笑)。

 謎解きも、アイテム集めも、それほど困難はなく、適当にウロウロしていると「全てを知っている人物」が現れて事件の経緯を全部説明してくれる――というのは、如何なものか。
 まぁ、前作でキャラ立ちしているので、それだけでも成立する映画だからね。

 と云うか、キャラの魅力がなかったら、半分も面白くない物語ではある。
 今回は主演のウェンツくんの天然ギャグが少なくなったようでチト不満です。
 大泉洋のねずみ男と田の中勇の目玉オヤジは前作と変わらず頑張ってくれています。
 ぬらりひょんが緒形拳というのは風格があってよろしいのですが、ちょっとシリアス過ぎたか。ぬらりひょんはもっと飄々としているようなイメージがあったのですがねえ。
 あとは各ゲスト妖怪のキャスティングか。まぁ芸人さんやミュージシャンを起用するのは御愛敬と割り切りましょう。
 しかし韓国俳優のソ・ジソブまで呼んできてもなあ。〈外国妖怪〉の存在は今回の物語とちっとも噛み合っていないのですが。

 噛み合わないのは「妖怪と人間の関わり合い」と「鬼太郎は何故、人間に味方するのか」というテーマもそうなんですけどね。冒頭にわざわざ鬼太郎の出生シーン――ちゃんと男の子が墓の下から出てくる(笑)――まで挿入しながら、〈幽霊族〉滅亡の真相が単なる台詞だけで終わってしまっているのも残念です。

 やはり脚本に問題があるのか。
 映像的には問題ないのに。クライマックスのガシャドクロは迫力あって良かったです。クライヴ・バーガーばりのイメージ。このあたりのCG合成は見事です。
 もっともロケ地が『魍魎の匣』と同じ場所らしいとすぐ判っちゃったのは製作側に問題があるのか。普通の人は判らないのかなぁ(判るよねえ?)。

 前作より面白かったと云いながら、批判的なことばかり書いてしまった(汗)。


ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 スタンダード・エディション [DVD]
ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 プレミアム・エディション [DVD]

▲ PAGE TOP へ

ランキングに参加中です。お気に召されたならひとつ、応援クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

ランキングに参加中です。お気に召されたなら、ひとつ応援クリックをお願いいたします(↓)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村