2008年2月16日土曜日

チーム・バチスタの栄光


 世間一般的に大ブレイクしている海堂尊の原作小説の映画化。
 〈このミステリーがすごい!〉大賞受賞作と云われてもなあ。イマイチ信用ならんのでスルーしてました。第一、SFだけでもいっぱいいっぱいなのに。

 で、読まずに観たのですが。巧い。流石。
 医療事故にまつわるミステリを実に巧みに描いています。邦画にしては面白いじゃないか。制作はTBSですが。
 キャラの描き方と脚本力がすべて。
 特撮は――心臓手術でドクンドクンいってる臓器くらいか(笑)。

 難しいバチスタ手術の概要を解説しながら、医療チームの人間関係を描写していく。執刀医だけでなく、病理医、麻酔医、臨床工学医などの専門家の役割とか、誰が何をしながら手術をするのかの説明が、「手術を妨害しているのは誰なのか?」につながるので観ている側にも判りやすい。

 犯人が判った!、と思ったら真犯人が!――という展開も本格ミステリです。
 うーむ、そうだったのか。
 実に巧みで、こりゃ医者でなければ書けんよなあ、というトリック。
 でも判ってみると、あまり意外ではなかったというのは、贅沢な感想か。

 不定愁訴外来、というのも勉強になりました(笑)。
 患者の愚痴は聞くが、医者の愚痴は誰も聞いてくれない、というのは考えさせられますなあ。


チーム・バチスタの栄光 [DVD]

▲ PAGE TOP へ

ランキングに参加中です。お気に召されたならひとつ、応援クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

ランキングに参加中です。お気に召されたなら、ひとつ応援クリックをお願いいたします(↓)。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村